読書好きの”私”による本とゆずの紹介がメイン。あと、バイクや、図書館司書資格取得に向けた日々の奮闘記事も書きます! 気になったことや、素敵!と感じたことをどんどんオススメしていきます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『とある飛空士への誓約』3 犬村小六
2013年09月22日 (日) | 編集 |
お久しぶりです。
犬村小六の『とある飛空士への誓約3』を読みました。発売から2ヶ月も経ってしまいましたが・・・

表紙のイラストは私の予想に反して、清顕(きよあき)とミオの2ショット?でした。
バルタじゃなかったかぁ。。。
さて本編ですが、1、2巻で4回生だったバルタとかぐらが卒業する所から始まります。
さらに1年後には3回生たちが卒業するのだなぁと思うと、学園モノという視点で見れば、感慨深い。
しかし、単なる学園モノではないので!

詳しく書けない、というか書きたくないのでうまく伝わらないかと思いますが。。。
3巻では、みんなの”思い”がより濃く、強くなっている気がします。
それは、前の記事にも書いた

>秋津連邦、セントヴォルトではない第3国のスパイとして潜入している者
>その第3国に滅ぼされた小国王家の生き残り
>父親同士の確執
>第3国を滅ぼすことを胸に誓う者・・・

だけではなく、恋愛面でも”思い”が濃く強くなっていきます。
唯一、心情があまり描かれなかったのが、かぐらとセシル。
かぐらは卒業してしまったため仕方ないとしても、セシルは新3回生としてまだまだ士官学校で活躍しなければならないポジションなだけに、あまり描かれなかったことが気がかりです。
第4巻では、セシルも沢山登場してくれることを願います。

そして、第3巻では7人の間に決定的な亀裂が生まれるきっかけとなる事件が起こります。
果たして、誓約は果たせるのか。

「たとえ敵味方に別れようと、我々は憎み合うことはない。友情は永遠だ。」

第4巻が楽しみです!

とある飛空士への誓約 3 (ガガガ文庫)

中古価格
¥298から
(2013/9/22 19:29時点)



スポンサーサイト

『とある飛空士への誓約』1,2 犬村小六
2013年06月17日 (月) | 編集 |
犬村小六の『とある飛空士への誓約』1巻&2巻を読みました。
過去最大級のロングストーリーとのことなので、何巻まで続くのかな・・・
おなじみ?飛空士シリーズの最新作です。

主人公は7人の飛空士を目指す少年少女。
内訳は、少年3、少女4です。
1巻と2巻の表紙が、イリアとミオの単独イラストなので、この調子で7巻まで続き、最終話になるのかなぁ。

7人は士官学校に通い、卒業後に軍人となる者同士。
河南士官学校4回生の かぐら(女)、3回生の清顕(男)とミオ(女)
エアハント士官学校4回生の バルタザール(男)、3回生のイリア(女)、ライナ(男)、2回生のセシル(女)。
河南士官学校の3人は、親善飛行の後、エアハント士官学校へ編入する。
どの登場人物も優秀な生徒という設定で、生徒7人で親善飛行をやり遂げ、エアハント士官学校で切磋琢磨し、卒業後は母国の軍人となることを目指す。
かぐらと清顕は秋津連邦の人間であるが、他の5名はセントヴォルトの人間のため、将来的には他国の軍人同士という関係となり、現状では友好関係を築いているものの、いつ、どんな情勢で敵国となるか分からない。
そんな未来が予測される中、7人は1つの誓いを立てる。

「たとえ敵味方に別れようと、我々は憎み合うことはない。友情は永遠だ。」

しかしながら、7人はそれぞれ、抱えているものがあった。
秋津連邦、セントヴォルトではない第3国のスパイとして潜入している者
その第3国に滅ぼされた小国王家の生き残り
父親同士の確執
第3国を滅ぼすことを胸に誓う者・・・

後に「英雄」5人と「裏切り者」2人として語られることになる7人の少年少女の恋と空戦の物語。
その序章に過ぎない1巻と、大きく動き始める第2巻、読み始めたらもう止まりません。
早く次が読みたい!

とある飛空士への誓約 1 (ガガガ文庫)

新品価格
¥660から
(2013/6/17 11:13時点)


とある飛空士への誓約 2 (ガガガ文庫)

新品価格
¥620から
(2013/6/17 11:14時点)



↓3巻は7/18発売のようです!表紙イラストは「バルタザール」に1票!

とある飛空士への誓約 3 (ガガガ文庫)

新品価格
¥660から
(2013/6/17 11:14時点)




『とある飛空士への夜想曲 上・下』 犬村小六
2012年10月05日 (金) | 編集 |
犬村小六の『とある飛空士への夜想曲』を読みました。
上下巻で完結です。
このブログでも時々話題させて頂いてます、『とある飛空士への追憶』のある意味続編です。
ぜひ、未読の人は読んでいただきたい。
ライトノベルだからと敬遠すべからず!
表紙は他のライトノベルに比べて買いやすいです!(笑)
そして中身は全くライトではなく。とってもコストパフォーマンスが高い本だと思いますよ。

内容はまず、『とある飛空士への追憶』から。
西海を統べる神聖レヴァーム皇国と東海の帝政天ツ上(あまつかみ)。
55年前、レヴァームが天ツ上の領土の一部を自国の自治区とし支配、そこはレヴァーム人と天ツ上人が混ざり合って暮らす場所となっていた。
そして現在、本土をレヴァームから取り戻すために天ツ上はレヴァームと喧嘩をし、大規模戦争に発展していく。
自治区がもうすでにレヴァームのものとは言い難くなってきた頃、レヴァームは一人の飛空士へ重大任務を課す。
「時期皇妃を水上偵察機の後席に乗せ、中央海を単機敵中翔破せよ。」
自治区にいる皇太子の婚約者である少女・ファナを救い出し、盛大な結婚式を執り行い、レヴァーム軍の士気を上げ、敵軍に見せつける・・・これが、レヴァーム側の作戦。
名付けて、海猫作戦。
任務を課せられた飛空士・狩野(かりの)シャルルは、ファナ嬢を後ろに乗せて飛行中、とある敵機に追いつめられる。
機体にビーグル犬の絵を描いた、長髪の敵飛空士・千々石(ちぢわ)。
シャルルも千々石も卓越した飛行技術を駆使して空戦を行う。
シャルルは無事にファナをレヴァーム本国へ送り届けることができるのか・・・?

そして、『とある飛空士への夜想曲』。
シャルルと千々石の対決場面から始まり、この戦争の終結までが天ツ上の視点から描かれています。
『追憶』ではレヴァーム目線だったため、天ツ上目線の空戦はまた違ったものを訴えかけて来ました。
天ツ上の撃墜王・千々石はその性格から上層部には好まれておらず、その技量があるから少々の規律逸脱や命令無視が見逃されている・・・という状態。
そんな千々石を心から慕い、いつか自分も千々石のようになりたいと語る後輩の杉野と松田。
千々石と同期で空戦の技術は劣っているが、素晴らしい指揮統率力を持った波佐見(はさみ)。
天ツ上の男たちが、戦争をする目的とは。
戦争の決着はどうなるのか・・・?
千々石を始めとする天ツ上の男たちの想いは、未来へ届くのか。

未読の人は、絶対に読んで欲しい!!
『追憶』と『夜想曲』の間に『恋歌』もあるのですが、時系列は追憶→夜想曲→恋歌(時系列も違えば、登場する国も違いますが同じ世界が舞台になっています)なので、追憶と夜想曲の3巻セットで是非!!
そして今、”とある飛空士への○○”シリーズ最新作、『とある飛空士への誓約』の第1巻が絶賛発売中です!!
これも『恋歌』と同じように同じ世界の違う国々のお話。
うーん、読むべし!!

とある飛空士への夜想曲 上 (ガガガ文庫)

中古価格
¥339から
(2012/10/5 16:30時点)


とある飛空士への夜想曲 下 (ガガガ文庫)

中古価格
¥322から
(2012/10/5 16:30時点)


とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)

中古価格
¥1から
(2012/10/5 16:30時点)


とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

中古価格
¥1から
(2012/10/5 16:31時点)


とある飛空士への誓約 1 (ガガガ文庫)

新品価格
¥660から
(2012/10/5 16:31時点)



以下は、既読の人のみお楽しみください!

『追憶』p337の「当時、大瀑布手前でサンタ・クルスを追い回した真電搭乗員の一名が幸いにも生存しており」って、波佐見中尉のことですよねーーー??
千々石の願いを聞いて、ちゃんと後世へ歴史を伝えていたんです。
もう、嬉しくて涙が出ます。
『夜想曲』p358で波佐見は「どこまでも身勝手な野郎だ。誰でも彼でも、自分の思いどおりに動くと思っていやがる。」と心の中で千々石を罵っていますが、ちゃーんと、思いどおりに動いていたんですよー!!

下巻では特に泣ける場面が多くて、
御堂と観音寺が撃墜される場面も、杉松が「先に行きます、中尉どの。」と散っていく様も、本当に涙ものでした。
杉野は特に暑苦しいキャラクターだったぶん、千々石に気に入られようと空回りしている姿がとても印象的だったので。千々石と一緒に最後まで戦うことができたことを、本当に本当に誇りに思っていると思います。
そして千々石も「それは、おれの言葉だ」と。
もう、涙線崩壊です・・・

そしてそして、ユキのお腹に宿った子ども。
さすが、敵機を一発で仕留める撃墜王とは言え、一発で子孫を残すのに成功するとは!!!
お腹の子、無事に生まれると良いのですが
この子がいたからこそ、ユキは波佐見に愚痴をたれることができたのだと思います。
もし、千々石を感じることができるものが何も残されていなかったら、
ユキの気持ちも、あのレコードと一緒に千々石と一緒に戦場に散っていたのではないかと、そう思うのです。

ビーグル、かっこいいよ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。