読書好きの”私”による本とゆずの紹介がメイン。あと、バイクや、図書館司書資格取得に向けた日々の奮闘記事も書きます! 気になったことや、素敵!と感じたことをどんどんオススメしていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


W650 99年式 バッテリー交換
2013年10月08日 (火) | 編集 |
1週間ほど前、愛車のW650(99年式)のバッテリー交換を行いました。
中古で購入して、今までよく頑張ってくれたなぁと、バッテリーを褒めてあげたい。

中古購入時・・・走行距離16,000キロ
バッテリーを新品に交換してもらってから納車
乗車ペースは2週間に1度、中・長距離のツーリングをする程度

2年3カ月後・・・
バイク通勤が始まり、ほぼ毎日30分程度の距離を往復するようになる

4年4カ月後・・・
電車通勤に変わり、バイクに乗らなくなる

4年6カ月後・・・
2カ月ほどバイクに乗らないでいたら、バッテリーあがり?でキュルキュルいうものの、エンジンがかからなくなる
キックでもうまくいかなかったため、押しがけをしようと何回かチャレンジしてもかからず
一縷の望みをかけてもう1度セルでかけたら奇跡的にかかり、息を吹き返す
以降、1週間に1度はバイクに乗ろうと決意する

5年6カ月後・・・
エンジンはかかるものの、いつもの調子でチョークを戻すと、戻すと同時にエンジンが落ちる現象が発生
バイク屋に電話で相談し、バイクの左側についてる回転数を上下させるつまみをいじって、
チョークを少し戻しては下がった分の回転数を上げ、チョークを戻しては回転数を上げ、という作業を繰り返し、なんとかチョークを戻し切ってもエンジンが落ちない状態(1000回転くらい)にする
しかしながら、走っていると徐々に回転数が上がってくるので、回転数が1500回転を超えたら信号で止まる度につまみを戻して回転数を少し下げる、という作業を繰り返し、最終的にアイドリング時に1250回転くらいの状態にもっていく
以後は今まで通りのパフォーマンスを披露

6年8カ月後(現在)・・・走行距離60,000キロ
週に1度はバイクに乗ろうという決意通り、1週間ぶりにバイクに乗ろうとしたら、エンジンがかからず、キュルキュル言うばかり。
キックでも押しがけでもかからないため、遂にバッテリー交換を決意。

バッテリー交換の仕方は、他のブロガーさんが色々記事にしているのでそちらを参考にして頂いて。
サイドカバーを外す時は良いんですが、戻す時に配線の収まりがいまいちな感じになるので、バッテリーを引き出す前に、写真を撮っておいたりすれば良いかも!と思います。

さて、購入したのは GS YUASA YTX14-BS です。

GS YUASA [ ジーエスユアサ ] シールド型 バイク用バッテリー [ 品番 ] YTX14-BS

新品価格
¥11,530から
(2013/10/8 11:10時点)


W650は前半と後半でバッテリーの大きさが異なります。
バッテリーストア.comによると、02年以前は大きいバッテリーですが、03年以降は小さいバッテリーなので、下記になります
型番:YTX12-BS

GS YUASA [ ジーエスユアサ ] シールド型 バイク用バッテリー [ 品番 ] YTX12-BS

新品価格
¥10,050から
(2013/10/8 11:16時点)


ACデルコとか他の互換バッテリーはありますが、あくまでも標準仕様で私は国内製のGS YUASAにしました。
何て言ったって、6年8カ月頑張ってくれたという実績がありますのでね!
充電器を持っていないので、1度の充電もなしでこれだけ頑張ってくれるんですから、高くても良いんです。
Amazonだと定価の半額程度で買えるし、バッテリー液の注入&補充電済みの状態で送ってくれるので届いたらすぐに交換できます。
バッテリー交換初心者の私が、ケータイで交換法を見ながら、1時間で作業終了できました。

うまくできて良かったー、満足満足(^^)
スポンサーサイト

景ヶ島渓谷ツーリングレポート と「ふる里」のすすめ
2012年08月29日 (水) | 編集 |
午前中、静岡県裾野市の景ヶ島渓谷に行ってきました。

 富士山や愛鷹山の噴火による溶岩流や集塊岩が、浸食された奇景に富む渓谷。
 (「富士山のまち 裾野さんぽ まち歩きお楽しみコース案内」裾野市観光協会 より)

岩が ぬるん としていて、ゴツゴツしたのが少ないなーと思いました。
アーティスティックな人が好きな岩を集めて渓谷にしました!といった印象で、でもこれが自然現象なんだから凄いよねーという感じです。
岩好きにはたまらないかも知れません。
連日の晴れのせいか、水が少なく、渓谷というには物足りない感じでした。

割と広めの(十数台は停められると思う)駐車場があるので、行きやすいですね。

その駐車場から歩いて5分くらいのところに、屏風岩というのがあって、結構不思議な感じです。
岩と言うか岩壁で、入口から少ししか歩かないのにこんな自然が広がってるんだな―と感心しました。

 高さ10m幅70mにわたる柱状節理(岩の規則的な割れ目)が美しい
 (「富士山のまち 裾野さんぽ まち歩きお楽しみコース案内」裾野市観光協会 より)

学術的にも価値があるものだという内容の看板が、入口にありました。
屏風岩の入り口にも駐車場があるんですが、3台くらいしか停められないので、景ヶ島渓谷の広めの駐車場の方をオススメします。距離もあんまりないし、ホント、スグですから。

さて、いよいよタイトルに書いた「ふる里」の紹介です。
ブログがある(コチラ)みたいですが、あまり更新されていないようです。
「無添加小麦まんじゅうと揚げまんじゅうが美味」とツーリングマップルに書いてありました。
本日のツーリングの目的は、実はここだったりします。
しかしながら、私の持ってるツーリングマップルは2006年版なんですが、なんと2011年9月にお店が移転!
県道23号沿いではなく、国道246号沿いの千福南交差点付近、国道の東側にあります。

おまんじゅうのメニューは
1,小麦まんじゅう(小豆)→つぶあん 1個105円
2,小麦まんじゅう(ごま)→練りごま 1個150円
3,揚げまんじゅう(小豆)→つぶあん 1個105円
3は1を揚げたものですので、中身は一緒です。
オススメを聞いたところ、「やっぱり元祖なので・・・」と1を勧められました。
そこでとんねるずみたいに「じゃぁ3で」とも言えず、全部1個ずつ買って帰りました。
それでも360円だから、安いですよね。
コチラのサイトに、「10個お買い上げ毎に1個サービスもしくは粗品プレゼント」のクーポンが掲載されているので、お土産などでたくさん買う予定の人は、使ってみると良いと思います。
105円とは言え、大きさは十分、食べ応え十分です!!

帰宅してからさっそく揚げまんじゅうを食べました。
食後(カレーうどん)にも関わらず、重たくなく、ペロリと食べられましたよ!

さて、ルートですが私は今回、ふる里→屏風岩→景ヶ島渓谷の順に立ち寄りましたが、R246を北上して向かわれる人は絶対に逆の方が良いです!!
ふる里はR246から右折では入れないので・・・
県道24号からR246沼津方面に向かう合流車線の途中にあります。

久しぶりにちゃんとバイクに乗ったので、良い気分転換になりました。
明後日からのスクーリングも頑張れそうです!

「ふる里」はツーリングマップル中部北陸の31ページです!2012年版にも掲載されてるのかな??

ツーリングマップル中部北陸2012

新品価格
¥1,680から
(2012/8/29 15:18時点)




デイトナ ブラストバリアー 装着!
2012年07月28日 (土) | 編集 |
私の愛車、W650('99)についに風防を付けました!
なぜなら、この夏、九州に旅に行くので、どうしても風防が欲しかった・・・
今まで高速を走っててあまり思ったことはなかったですが、ある日伊勢湾岸道を走った時に風がものすごく強くて、もう「気を抜いたら倒れる~」ってくらい本当に酷くて、念願の購入&装着になりました。

最初、下調べをしにバイク用品店2店舗&レッドバロンに行ったら、
ドライバースタンドは定価で販売、取付工賃約4,000円(パーツ持込不可)とのこと。
レッドバロンも定価で取り寄せ、取付工賃約7,000円(パーツ持込可)とのこと。
OAナガシマは商品を置いておらず。もちろんピットはありません。
こうなったら、ネットで安く買って、レッドバロンに持込みしようかなぁと思っていました。
しかし、途中から気が変わり・・・とりあえず自分でやってみよう!と思って、なんやかんやで装着完了です。

[ESTRELLA [エストレア]] DAYTONA ブラストバリアー スクリーン+ステーセット★★セット販売★★

価格:10,644円
(2012/7/28 18:36時点)


通常、スクリーン本体12,600円、W650用ステー4,200円なのに、セットでこの価格!!
でも、「対応車種にエストレアって書いてあるじゃない、大丈夫なの?」と疑うことなかれ。
エストレヤもW400もW650もステーは同じ、型番62485なのです。
(スクリーンは全車共通で型番:68303←色がクリアーの場合)
この商品を出品しているショップはウェビックというバイク用品の通販ショップなんですが、同じ商品内容(本体68303+ステー62485)なのに、エストレヤ用、W400用、W650用と販売ページをなぜか分けていて、それぞれ値段が違うんですね。
この記事を書いている2012年18:30現在では、
エストレヤ用 10,644円
W400用    11,340円
W650用    15,498円 です。おかしいですよね?
そう、おかしいんです、中身は同じなのに、値段が違うなんて。
なので、ウェビックさんにメールで連絡したんですよ「おかしくないですか?」って。
(実際はもっと丁寧に分かりやすい文章を書きました。)
そしたら、
「申し訳ございません、御指摘の通りそれらは全て同じ商品です。至急、カタログを修正します。なお、価格は15,246円(問合当時)です。御迷惑をおかけいたしました。」とのこと。
返信メールが届いてから2時間後、再びウェビックさんのサイトを訪ねると、内容が変わっていないではないか!!
至急、カタログを修正するんじゃなかったの??
そして、思ったのです。
当時はエストレヤ用・W400用共に10,454円だったので、これで注文した場合、どうなるのか?と。
なので、実行してみました。
W400用をポチッと注文し、そのままスムーズに注文確定となるのか、
「申し訳ございません、価格が間違っていました。」と連絡が来るのか。
そしたら、なんの問題もなく、注文は確定し、注文翌日には発送、翌々日には荷物到着しました。
返信メールを鵜呑みにし、W650用15,246円で注文していたら、おそらくこちらも問題なく15,246円で商品が届いたことでしょう。
こうして、定価よりも6,000円以上安く商品をゲットすることができました。
他にも色んなサイトを覗きましたが、こんなに安く購入できるところはなかったです。
まさに、格安!!です。しかも自分で装着出来たので工賃タダ。
段取りが悪くて、1時間20分もかかってしまいましたが・・・

さて、余談ですが、ネット通販の際の表示価格の間違いについて。
ネットの世界とはいえ、作ってるのは人間なので、間違って安い値段を入力しちゃった!(例えば、1,000円で売るべきものを100円と表示してしまったり)ということがあるようです。
しかも、それにつけこんで「100円って書いてあったじゃないか!」と主張する消費者もいるようで。
販売者が受注時に「すみません、表示を間違っていたのでキャンセルしてください」と頼んでも、消費者がキャンセルしなかったり。
こういった悪質な?消費者から販売者を守るために、「販売表示価格が間違っていた場合、注文が確定していなければ、販売者は価格を再提示できる」という法律があるようです。
つまり、「すみません、1,000円の間違いだったので、1,000円で買うか、嫌ならキャンセルしてね」っていうのはアリということです。
ここでポイントになるのが、いつ注文が確定するか(契約が成立するか)、ということです。
一般的な通販の場合、下記のような流れになると思います。
1,消費者が「購入」ボタンを押す。
2,販売者のサイトから、自動で「注文確認メール」が届く。
3,販売者から「注文受付完了メール」が届く。
4,販売者から「商品発送連絡メール」が届く。
5,商品が届く。
注文が確定するのは、上記の3番です。
大抵、2番の場合はメールの本文に「後ほど担当者から改めて御連絡いたします。」みたいなことが書かれています。で、改めてご連絡・・・が3番です。
1で示した消費者の購入意思を販売者が承諾した(=契約成立)、ということですね。
したがって、価格が間違っていた!という場合、販売者は3の連絡をする前に間違っていた事を消費者に伝え、了承を得なければなりません。

さて、今回の場合ですが、問題なく契約成立したので、お得に買い物ができました。
せっかく指摘したのに、直さないのもどうかと思いますし・・・
しかし、今思うと返信メールの「正しくは15,246円でした」っていうのが、間違っていたのではないかと思うのです。
だって、他の車種用のステーのセットは軒並み10,500~11,500円くらいなのに、W650・W400・エストレヤのは15,246円っておかしいでしょ??
確かに、ステーは他の車種より高いんですよ。
他のは3,150円なんですが、W650・W400・エストレヤ用は4,200円。でも、1,000円くらいじゃないですか、差額。
だから、「正しくは15,246円でした」っていうメールが間違いだったんじゃないかと思うんです。
でも、いまだに高い値段で販売してるしな~・・・よく分かりません。
ウェビック関係者の方がこの記事を見ておられたら、是非、修正していただきたいものです。

房総半島ツーリングレポートと NB-4Fデグナーサドルバッグのすすめ
2012年05月07日 (月) | 編集 |
さてさて、前回の記事から少し時間が開きましたが、前回同様バイクで3泊4日の旅に出ておりました。
目的地は房総半島。

1日目は雨の為、雨脚が弱まるのを待って、お昼ごはんを食べてからの出発に。
新東名経由でアクアラインを通り、いざ房総半島へ。
なので初日は海ほたるしか立ち寄っておりません。。。
足湯に入り、20時過ぎに海ほたるを出発。
雨は止んでいたものの、地面はまだ濡れているのでネットカフェに泊まることも考えたけど、なんやかんやで木更津の公園の一角にテントを建てました。
テント設営中に、近くの川で釣りを終えて帰ってきたおじさんに声を掛けられつつ、0時位に就寝。

2日目は快晴。
身支度をして、富津岬に寄った後、少し走ったところにある「ばんやの湯」でお風呂に入る。
ここの温泉は人工なんですが、大人500円で入れるので、満足度は高いです!
シャンプー・リンス・ボディーソープあり、ドライヤーありなので、タオルと洗顔だけ持っていけばOK!
その後は、道の駅とみうら枇杷倶楽部でびわソフトを食べ、
木村ピーナッツでピーナッツソフトを食べ、憲さんのPeleのサインを見て、
房州らーめんではまぐりたっぷりの房州らーめん1080円を食べ(残念ながらなめろうラーメンは売り切れで)、
道の駅潮風王国、野島崎に寄り、夕食は途中で買った大はまぐり1.5kg1000円を焼いて食べました。
夜は県民の森のキャンプ場を利用させてもらおうとしたら、本日はもういっぱいだという理由で断られたので、キャンプ場に行く途中の道中の草むらにテントを張ってはまぐりを焼いていたら、
車が1台近付いてきた。
「県民の森の者です。ここでテントでの滞在はできませんので撤収をお願いします。」と言い残し、去る”県民の森の”女性。
泣く泣く撤収し、新しい寝床を探し、バイクを走らせる。
途中で広い空き地を発見したので、周囲を散策。レジャー施設の跡地のよう。
もう暗いし、早く眠りたかったので道から近いけどそこにテントを張ることに決定。
テント設営後に横の道路をパトカーが通り、また追い出されるのか~と思っていたけど、意外にもスルー。
確実にあちらからは駐車してるバイクが見えていたと思うんだけど。。。

今確認したところ、行川アイランドの跡地でした。

3日目も快晴。
朝、日本三大朝市の1つ勝浦朝市へ行き、絶品!わらびもち200円(ごまときなこのハーフ&ハーフ
)を食す。
今まで食べたわらびもちの中で、一番美味しかった!また食べたい~
その後は月の沙漠に行き、近くの「萬作」というラーメン屋さんへ。
タンタンメン750円と、冷やし味噌タンタンメン900円を頂きました。
これがね、すごーく美味しいの!玉ねぎが。とっても。
私は冷やし味噌タンタンメンの方が好きかなぁ。辛過ぎなくって、美味しかった~
茂原公園で腹ごなしをし、お風呂屋さんへ。
この日は、「グロリア九十九里浜 飯岡温泉 黒湯の郷」へ。
大人800円です。
ここもシャンプー・リンス・ボディーソープあり、ドライヤーありなので、タオルと洗顔だけ持っていけばOK!
お湯は名前の通り黒くて、色はコーラのよう。
露天風呂も付いているので入ったのですが、露天風呂に行くドアを開けると、道路を挟んで向こう側の公園が一望できました。
なので、公園からも、こちらの裸(胸より上ですが)は丸見えです。。。ビックリ。
露天風呂のお湯も同じお湯でした。
その日のキャンプ地は、その公園の隣にある草むらで。
他にも何人かキャンプしている人がいて、昨日の撤収の二の舞をしたくなかったため、先客にキャンプ可能かどうかを確認したところ、「余裕でOK」とのこと。
ただ、この公園が結構大きい公園なんだけど、一部開発中の様で、今度行った時はキャンプできないかもなぁ。。。
そして残念だったことが1つ。
20時ころに地元の若者がたくさん集まって、公園でどんちゃん騒ぎを開始。
車で音楽をガンガンかけて、唄う叫ぶわめくの大宴会。
私たちのテントは少し離れてたから良かったけど、すぐ隣の人たちは本当にうるさかったみたい。
夜中の3時半頃まで騒いでいたようで、、、
公園にはBBQと酒の残骸が残されていました。
これがなければ、本当に良いキャンプ地だったんだけどなぁ。

4日は晴れ。でも、午後に雨が降るという予報。
漁師さんに大人気の銚子のご飯屋さん「浜めし」で朝定食500円と三色丼1300円を食べました。
朝定食は焼き魚+ご飯+味噌汁+納豆+小鉢2つ+お新香でした。
三色丼はウニ、イクラ、マグロの豪華共演。しかも安い!
8時の開店と同時に入店し、8:10にはカウンター席も含めて満席になりました。
そのあとは銚子ポートタワーでアメリカンワップルのピーナッツ味を食べ、
犬吠埼で蟹を追いかけまわし、香取神宮でお参り、むらさき芋コロッケと草もち・団子を食べました。
最後に伊能忠敬記念館の近くにある「虎屋」という和菓子屋さんへ。
2011年のことりっぷに載っていた「佐原っ子芋太郎」130円を買いに行ったのですが、今はないらしく、「芋菜月」と楽菓もなかを購入。
「佐原っ子芋太郎」がない、と聞いた時の私の顔が相当残念そうだったのか、
お会計の時に「皮が少し破れちゃったんだけど、良かったら。」と柏餅を2個おまけしてくれました!
帰りに海老名SAでちゃんと頂きましたよ~~!!

そんな感じで、今回の旅も無事に帰宅できました。
長くなりましたが、最後に私の旅のお供、ゲルザブに続いて「DEGNERデグナーのNB-4 ナイロンダブルサドルバッグ/ファイヤー」をオススメします。

デグナー:NB-4F ナイロンダブルサドルバッグ(ブラック/ファイヤー)

新品価格
¥18,952から
(2012/5/7 15:55時点)



プレーン(ファイヤーの模様なし)もありますが、値段も1000円そこそこしか変わらないので、ファイヤー柄にしました。
大容量なので、これがあれば長期のツーリングにも対応できます。
バイクを買った当初から使用しているので、かれこれ6年くらい経ちますが、まだまだ現役です。
買うときは少し高いかな~と思ったけど、DEGNERの中でも安い方なんですね、これ。
このバッグを付けたまま3回転倒しているので、傷だらけだけど・・・良い仕事してくれてます!
[READ MORE...]
「熱田神宮」ツーリングレポート と ゲルザブのすすめ
2012年05月01日 (火) | 編集 |
4/28~4/30に関西方面へバイクツーリングに行ってきました!
まずは、1日目に立ち寄った熱田神宮を紹介します。

都会にあるとは思えない美しい空気の中で、ゆっくりとした時間が流れてます。
緑も多くて、通路は木のトンネルになっててなかなか素敵です。

ここは三種の神器に深い関わりのあるところなので、神話好きの人にはたまらないかも知れませんね~。

鳥居をくぐるたびに神様に本宮の方向に向かってお辞儀する人は、結構ラフな恰好だったけど、熱心な参拝者なのかしら?

2日目には大阪に行き、ホテルにバイクを置かせてもらって、たこ焼きやらねぎ焼きやらを食べ。
3日目にはU.Kでモーニングをし、茨城インターから高速で帰宅。
途中、新東名を通りNEOPASA浜松で寄り道しました。

NEOPASA清水にも行ったことあるけど、浜松より清水の方が規模が大きくて、オススメです。
やっぱり上下線両方からアクセスできるからかな?

ツーリング中に私のお尻を守ってくれたのは、ゲルザブです!↓↓

EFFEX GEL-ZAB(ゲルザブR) ユニバーサル (300x300mm)

新品価格
¥9,400から
(2012/5/1 12:21時点)



長時間バイクに乗る時はお尻が痛くなってしまうので、必ずシートにゲルザブを装着してツーリングに行きます。
道の駅とかで駐車してるバイクを見ると、結構付けてる人多いですね~

ゲルザブ→ゲルザブRに進化し、装着のしやすさがアップした?ようなので、今が買い!かもしれません。
私のは旧ゲルザブですが、十分良い仕事をしてくれてますよ。
振動の大きいバイクに乗っている人は是非!
[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。