読書好きの”私”による本とゆずの紹介がメイン。あと、バイクや、図書館司書資格取得に向けた日々の奮闘記事も書きます! 気になったことや、素敵!と感じたことをどんどんオススメしていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『図書館司書という仕事』 久保輝巳 ほか4冊
2013年03月30日 (土) | 編集 |
今月頭から図書館で働き始めたので、時間を見つけては図書館関係の本を読むようになりました。
1か月で読んだ本を5冊ご紹介します。

『図書館司書という仕事』 久保輝巳

第1章に図書館職員の実体験が語られていて、とても興味深かったです。
常に図書館の雑誌の欠号のメモを持ち歩いて、古書店に寄る度に該当する巻がないか探すなど・・・。
図書館司書の職業病?のような感じですかね。
第2章以降はタイトル通り「図書館業務とは」という感じのテキストのような内容なのでそんなに面白くないですが、第1章は(図書館司書を目指している人には)ぜひ読んでいただきたいですね。

図書館司書という仕事 (仕事シリーズ)

中古価格
¥183から
(2013/3/30 08:59時点)



『司書はときどき魔女になる』 大島真理

この本、図書館関連の本を図書館の書架で探したことがある人は、一度は目にしたことがあるのでは?と思います。
ハリー・ポッター好きの私としては、司書と魔女が同じ文章にあるだけでもワクワクします。
でも、司書が夜中に魔女に変身!というようなファンタジーではありません。
レファレンスの質問に的確に答える司書が、時には魔女のようにも思える、というような流れで、司書の仕事の様子や本の紹介をしています。

司書はときどき魔女になる

中古価格
¥342から
(2013/3/30 09:09時点)



『税金を使う図書館から税金を作る図書館へ』 松本功

図書館はお小遣いの節約のために本を貸し出す場所ではなく、もっとビジネスにつながる、そういった本を貸し出して起業の一助になる存在であるべきではないか?という切り口のもの。
図書館は本を貸し出すのに料金を取るわけではないので、人件費、本の購入費、設備維持費等すべては税金で賄われています。そのため、お金(税金)を使うばかりの図書館の予算が少なくなっているのが現状です。
・こんなに本があるのにまだ本を買うのか? とか
・カウンタにこんなに人かいるのか? とか
そういった理由で予算削減をする。
予算がないから本が買えない、正規職員を雇えない、非正規雇用が増加する、などまぁいろんな問題もあるわけですが
ビジネスのヒントを図書館で見つけて、それをもとに企業が大ヒット商品なんかを作って、市町村の税収がアップ!なんていう流れがもっとあればいいのにね、という論点です。

税金を使う図書館から税金を作る図書館へ

中古価格
¥117から
(2013/3/30 09:21時点)



『表現の自由と「図書館の自由」』 日本図書館協会

図書館司書の資格取得を目指して勉強中の人ならご存知の「図書館の自由に関する宣言」において、今まで図書館が直面してきた事例などを取り上げています。
個人情報が掲載された雑誌を図書館で所蔵するか、利用者に提供するのか
特定団体からの圧力にどう対応するか
有川浩の『図書館戦争』で主人公たちが直面した問題は、全然”想像上”のこととして見過ごせる話ではないのだなぁと感じました。

表現の自由と「図書館の自由」 (図書館と自由 (第16集))

中古価格
¥1,000から
(2013/3/30 09:34時点)



『図書館のプロが教える<調べるコツ>』 浅野高史

神奈川県の架空の図書館「あかね市立図書館」を舞台に日々寄せられるレファレンス質問に対して、どのように回答プロセスを踏んで対応したかを細かく書かれています。
しかも、図書館の職員が1人1人キャラクターになって登場するので、たびたび登場する漫画の効果もあってとても面白く読み進められます。
図書館司書の資格をとっても、すぐに一人前の司書になれるわけではないです。
その中で、新米の司書がとまどいながらも回答を見つけようとするにとても勇気づけられます。
自分も分からないながらもコツを押さえつつ、回答を探そう!頑張ろう!と思えます。
新米司書さんには心強い1冊になるのではないでしょうか。
また、舞台が神奈川県の図書館なので、神奈川県に関するレファレンス質問もあります。
神奈川県の司書さんには特にさんこうになるのでは?と思いますよ!

図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集

中古価格
¥840から
(2013/3/30 09:43時点)



スポンサーサイト

近畿大学通信教育部図書館司書コース ~まとめ~
2012年12月06日 (木) | 編集 |
昨日、思いがけず近畿大学通信教育部図書館司書コースの「修了証書」が届きました!
10か月の在籍期間は関係ないのかな??

---------------
修了証書
近通法発 第16***号

晴野 光殿
1986年4月7日生

上記の者は、図書館法第5条第1項第1号の規定により、本学通信教育部司書課程において、2012年11月30日に所定の単位を修得したものであることを証明する。
この証書は基礎資格を有する者についてその効力を生じる。

2012年12月3日
近畿大学学長 塩﨑均
----------------

ということで、もう司書資格取得に向けての記事を書くことは一切ないかな、と思い、まとめの記事を書きます。
これから司書資格取得を目指している人や、学習計画に困っている人のお役にたてれば、と思います。
下記は、私の学習の記録です。
まとめ2
スクーリングの都合などもあるので「情報サービス論」「情報資源組織論」のレポートは早めに取り組んだ方が良いとして、他の科目のレポートはなるべく添削速度の遅い科目から取り組んだ方が良いと思います。
再提出になった場合に学籍の有効期間まで余裕があった方が良いですよね?
そのための保険として、です。
レポート提出から返却まで2カ月以上かかった科目については、”添削速度”のセルを赤塗りにしていますが、「児童サービス論」は3カ月近くかかりました。
幸い(偶然ですが)、私の場合は最初に取り組んだ科目に添削速度の遅い科目が多かったので、良い順序に学習出来たとなぁ思っております。
とは言え、この表は私に限ったことですので、「もっと早く返却されたよ!」「もっと遅かった・・・」など色々あると思います。あるいは4月5月に提出したレポートの先生が「まだ5月だしのんびり添削すればいいでしょ~」なんて思っていたりするかも?と勘ぐってみたり。
いずれにせよ、早めに取り組むことにこしたことはありません。

次に、通信教育をするうえで結構大事なのが「いったいいくらで資格取得できるか」ということ。
私自身、あまりお金をかけたくなかったので諸経費が格安の近畿大学通信教育で資格取得を目指したわけですが・・・。
下記は、入学手続きから資格取得までかかった全費用の一覧です。
費用
*印は、全国どこの地域にお住まいの人でも、大して変りないと思います。
問題は、交通費です。
学外スクーリング受講のために、静岡・東京間を2往復しました。
私の場合、2回とも理解ある知人・友人宅に泊めていただきましたので宿泊費は含まれていません。
また、18切符を使ったり、高速バスを利用したり工夫をして出費を抑える努力をしました。
科目終末試験を受けるために2カ月に1回、受験地まで足を運ぶ必要がありましたが、静岡で学外試験を受けることができた(しかもA会場なので煩わしい手続き不要!)ので、バイクで行くこともできました。
これに関しては、本当に恵まれていたと思います。
近大通信に決めたのは、入学諸経費の安さもありましたが、静岡で試験を受けることができるというのが大きな決め手となりました。

実際に入学手続きをする前に、複数大学の通信教育の資料を無料請求し費用比較をしたのですが、近大が圧倒的に安かったです。(資料請求に便利です→ケイコとマナブ.net※2012年12/6現在、4大学分しか掲載されてませんが・・・)
ネットで調べると「少し費用が高くても、スクーリング地が家に近い方が絶対に良い」という意見もありました。知り合いがいない中、知らない場所に毎日通って勉強をするというのは相当なストレスだからです。
超・人見知りな人は、そういう決め方もあるのだな、と思いました。
とは言え私も、「軽い」人見知りではあります。

さて、最後になりますが、ちょっとしたことですが費用を抑えるポイントを御紹介。
1,レポートは2科目まとめて提出する。
「文部科学省認可通信教育」のため、1回のレポートにつき15円で提出できますが、適当な封筒に入れて(封の部分を1/3以上開けるなどルールを守って※詳しくは「学習の友」p74参照のこと)2科目一緒に送っても15円です。
最初に載せた学習記録を見ても分かる通り、「図書館制度・経営論」&「図書館サービス特論」と、「図書館情報技術論」&「図書館情報資源概論」は2科目一緒に郵送しました。
しかも、ゆずのファンクラブの会報が届くあの緑色の封筒で(笑)問題なく、科目終末試験受験許可証がとどきます。

2,振り込みは絶対に三菱東京UFJ銀行で!
振込手数料が無料ですから。
家の近くにない人は・・・残念ですが、少し足を運べばあるのであれば、是非そちらで。

3,(」° □°)」レポート参考文献、スクーリングテキストは買わない。
私は図書館で全て借りました。
全レポートの参考文献、およびスクーリングのテキストは図書館をフル活用です。
もちろん、勉強しながらテキストに書き込みたい人には向きませんが、私は付箋紙を貼りまくって、スクーリング終了後は大事な内容をノートに書き写して図書館に返却しました。
私にとっては「いかにお金をかけずに資格を取得するか」というのが結構大事なコトでしたので。。。

さて、本当に最後になりましたが、今までお付き合いいただきありがとうございました。
自分の経過報告が次に学習する人の参考になれば、と始めたブログでしたが、同じように学習に励んでいる人の存在は、私にとって大きな支えとなりました。
みなさんのコメントで励まされたことも多々あり、本当に感謝しています。

これからも本の感想、映画の感想、バイクのこと、ゆずのこと、「素敵!」と思ったことをつらつら書き続けて行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。
まだ勉強継続中の方、無事修了されますことを静岡より応援いたしております。

司書・司書教諭になるには (なるにはBOOKS)

中古価格
¥1から
(2012/12/6 12:31時点)


図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集

中古価格
¥599から
(2012/12/6 12:32時点)




11月度 学外科目終末試験成績発表~図書館情報資源概論~
2012年12月04日 (火) | 編集 |
11月の科目終末試験で合格した「図書館情報資源概論」の解答を参考までに掲載します。
試験結果は”良”でした。
科目終末試験はトータル3つ目の”良”ですが、試験中、まとまりのない文章になってしまったな、と反省していたので、合格出来て良かったです!

○図書館情報資源概論
設題8「日本の書店の特徴を2つ示し、最近の書店経営の実態について解説してください。」

解答
1,日本の書店の特徴
 日本の書店の特徴として、店舗数が多いことが挙げられる。また、書籍と雑誌を両方販売していることも特徴である。
 欧米では、雑誌は新聞スタンドやキヨスクで売られ、書店はハードカバーの書籍を販売している。日本では、取次経路が主流であり、取次は雑誌も書籍も取り扱っていることから、日本の書店は雑誌と書籍の両方を販売している。
2,書店経営の実態
 近年、中小零細規模の書店を中心に、閉店・廃業が相次いでいる。コンビニエンスストアや大型書店出店による競争激化や、新古書店などの流通の多チャンネル化、インターネット等の情報環境の変化が要因として挙げられる。
 日本の書店は粗利益率が低いなどの構造上の課題もあり、書店以外の中小零細小売店の店舗減少要因と同様に、経営者の老齢化、後継者の不在などの問題も抱えている。

図書館情報資源概論 (現代図書館情報学シリーズ)

新品価格
¥2,100から
(2012/12/4 09:21時点)



以上で、全科目の終末試験を無事合格し、終了することができました。
そのため、科目終末試験に関する記事はこれで最後となります。
まとめとして、学習計画や近大通信教育司書コースに関する大雑把な内容の記事を書こうと思っています。

残るは修了手続きです。
10か月以上在籍しなければならないようなので、修了証が届くのは2月上旬頃でしょうか・・・。

11月度 学外科目終末試験成績発表~図書館情報技術論~
2012年12月04日 (火) | 編集 |
昨日、11月の科目終末試験の結果が届いていました。
「図書館情報技術論」「図書館情報資源概論」を受験しましたが、試験結果は「図書館情報技術論」が”優”で「図書館情報資源概論」が”良”で無事合格しました。
先に、「図書館情報技術論」の私の解答を参考までに掲載します。

○図書館情報技術論
設題8「図書目録をデータベース化することのメリットについて説明してください。」

解答
 図書目録がデータベース化しOPACが普及するまで、図書館ではカード式図書目録(以下、カード目録)が使用されていた。図書目録をデータベース化することのメリットをカード目録と比較して述べる。
1,データの入力・記憶は1件につき1回で良い。
 カード目録の場合は、書名、著者名などの標目別に複数のカードを作成する必要があるが、データベースシステムにおいては、1件につき1回の入力だけでよい。
2,データの追加が自由で、順番を気にする必要がない。
 カード目録では、新しく追加したカードを該当位置に五十音順で並べる必要があるが、データベースシステムではその必要がない。
3,コンピュータでの高速検索が可能。
 カード目録の場合は、目的のカードを見つけるためにカードを1枚1枚めくる必要があり時間がかかったが、データベースシステムでは目的のデータをコンピュータが高速で検索することができる。
4,様々な条件での検索が可能。
 カード目録では、書名、著者名などの決められた標目での検索しかできないが、データベースシステムでは出版社や出版年など、より多くの条件で検索することができる。また、著者名と出版年など、複数条件での検索も可能である。
5,同時に複数人が検索可能。
 カード目録では、同じ条件で検索したい人がいる場合、順番待ちをしなければならないが、データベースシステムにおいては、そのシステムに接続されているコンピュータがあれば、同時に複数人が検索可能である。
6,データの書き換えが容易で、リアルタイムに反映させることが可能。
 カード目録の場合は、例えばカードの記述内容に間違いがあった場合、修正するのには時間と手間がかかるが、データベースシステムの場合はコンピュータ上で即時修正が可能である。また、貸出・返却システムと連動させることで、図書が貸出可能かどうかを書架に行ったり図書館員に聞かなくても目録上で知ることが可能である。

図書館情報技術論 (ベーシック司書講座・図書館の基礎と展望)

中古価格
¥1,200から
(2012/12/4 09:11時点)




情報資源組織演習 スクーリングレポート【番外編】
2012年11月13日 (火) | 編集 |
10/26~28に東京で開催された「情報資源組織演習」のスクーリングで授業の最後に受けた単位終了試験の模範解答が届きました。
試験の内容については、コチラに掲載しております。
テスト1についてのみ、模範解答を記します。
力試しをしたい人は、問題のみ記載しているコチラを先に閲覧し、問題を解いてからこのページに戻ってきてください!

テスト1
以下の資料に対して、[]、下線部に留意、件名標目あるいは分類標目を付与しなさい。
(指示無きものは分類標目のみ、指示のあるものは件名・分類の両方)
赤字は解答、青字は解答のポイントです。

1, 医学生物学研究ためのウェブサイト厳選700 [分類規程]
分類:490.7 医学の研究法として扱う。

2, 絵地図・浮世絵にみる海港場・横浜の風景 [分類規程]
分類:291.37 絵地図・浮世絵は材料。主題は横浜の風景-地誌(主題と材料の関係)

3, 上総地方の言葉 [言語共通区分、日本地方区分]  ※件名・分類両方付与
分類:818.35 件名:日本語-方言-千葉県 下総は千葉県として扱う。

4, 川端康成『山の音研究 (近代文学-特定小説の作品研究)[分類注記]
分類:913.6 特定小説の作品研究であるから、作品の分類記号を付与する。

5, 西洋史研究 (西洋史に関する雑誌)[形式区分-例外] ※件名・分類両方付与
分類:230.05 件名:西洋史-雑誌 230.5(西洋近代史)との競合を避けるため、0を追加する。

6, 大学図書館経営論 [分類注記] ※件名・分類両方付与
分類:017.7 件名:s1大学図書館 s2図書館経営 「経営論」は件名標目表にはない。

7, 多摩川の洗剤汚染調査 [分類規程]
分類:519.4 洗剤による水質汚染、と考える。(原因と結果の関係)

8, ハイデガーとナチス (ナチズム形成に果たしたハイデッガー(哲学者)の役割)[分類規程]
分類:134.96 ハイデッがーがナチスの形成に影響を及ぼした。(影響関係)

9, 夢は枯野を : 芭蕉の旅と人生 [分類規程] ※件名・分類両方付与
分類:911.32 件名:松尾芭蕉 個人の伝記は個人名を標目とする。

問題を書いた記事で、「1番がよく分からなかった」と書きましたが、予想通り、1番だけ間違えていました。
私の解答は490.1です・・・
タイトルだけじゃ、”研究法”って分からないよ!
でも、合格したので良しとします!

使用テキスト

情報資源組織法-資料組織法・改

新品価格
¥2,730から
(2012/10/29 12:54時点)



「情報資源組織論」教科書

情報資源組織論 (現代図書館情報学シリーズ)

新品価格
¥2,100から
(2012/10/29 12:56時点)



講義要項に記載の参考文献(講義では使用しないので、持参の必要はナシです)

資料組織概説 (JLA図書館情報学テキストシリーズ (2-9))

中古価格
¥449から
(2012/10/29 12:57時点)


資料組織演習 (JLA図書館情報学テキストシリーズ 2-10)

中古価格
¥1,355から
(2012/10/29 12:58時点)




試験では、どの資料を見てもOKなので、事前に基本件名標目表を準備できる人は、あれば分かりやすいかもしれません。

基本件名標目表

中古価格
¥4,049から
(2012/11/13 17:44時点)



でも高いので、図書館で借りられれば・・・
もちろん、重いのでスクーリング会場が遠方の人はお気を付け下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。