読書好きの”私”による本とゆずの紹介がメイン。あと、バイクや、図書館司書資格取得に向けた日々の奮闘記事も書きます! 気になったことや、素敵!と感じたことをどんどんオススメしていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『フリーター、家を買う。』 有川浩
2013年10月14日 (月) | 編集 |
有川浩の『フリーター、家を買う。』を読みました。
以前、TVドラマが放送されていた時に見ていたので、話の内容は分かっているつもりで読みました。

話の内容は、タイトル通り、フリーターが家を買うまでに就職や家族問題やご近所づきあいなどの色んな壁にぶつかっていく、というものです。
主人公の誠治は、物語の最初の方では、コンビニの店長に少し注意されたくらいで「今日で辞めます」と言うような(そして本当に辞めてしまう)どうしようもない甘ちゃんです。
そんな男が、母の病気をきっかけに、終盤では随分良い男に成長します。

母親が精神的な病を患い、今の家に住んでいる限り、以前のように元気にはならない。
そう医者から言われ、フリーターの誠治はとりあえずお金をためるために、夜間の工事アルバイトをします。
TVドラマでは、その工事現場がほぼメインだったのですが、
本は家の場面が多く、誠治がより人間らしかったように思います。
ドラマを見たのが何年も前なので記憶があいまいですが、本の中では就職活動が上手くいかなかったり、父親にいらいらしたり、母親にあたってしまったり、といった負の感情が結構描かれているなぁと。
その分、誠治自信もとても未熟な人間で、自分が今までいかにぬくぬくと、不自由を感じることもなく生きてきたか、を思い知るわけです。

精神的な病に理解のない父親をドラマでは竹中直人さんが演じており、それはそれで憎たらしかったのですが、本の中の父親の方がもっと憎たらしいです。
なんでそんなに自分のことしか考えられないのか。
本当に、読んでるこっちもイライラしてきますが、そんな父親も、ゆっくりゆっくりと変わっていきます。

有川作品にしては珍しく?恋愛にあんまりスポットが当てられていないです。
恋愛ではなく、家族愛の物語なのでね!

新卒で入社した会社でへこたれそうになってる人が読めば、もう少し頑張ろうか、と思えるかも!です。

フリーター、家を買う。

中古価格
¥1から
(2013/10/14 17:45時点)


フリーター、家を買う。DVD-BOX (予約特典ミニクリアファイル無し)

中古価格
¥7,100から
(2013/10/14 17:46時点)



スポンサーサイト

『空飛ぶ広報室』 有川浩
2013年07月16日 (火) | 編集 |
有川浩の『空飛ぶ広報室』を読みました。
2013年春ドラマで放送されていた「空飛ぶ広報室」の原作です。

原作未読のままドラマを見たので、てっきり主人公は新垣結こと稲葉リカかと思っていたのですが、原作の主人公は空井二尉(綾野剛)なんですね!
私のように原作を見ずにドラマを見た人で、原作を読もうかどうか迷ってるーという人に、ドラマと原作の違いを簡単にお伝えします。

原作では、片山一尉はもう結婚しています。
原作では、鷺坂室長の奥さんは死んだことにはなってません。そして、定年退職もないです。
原作では、稲葉と空井はドラマほどお近づきにはなりません。
つまり、ドラマの方が、原作よりもドラマチックに(笑)仕上がっています。
一番変わらないのは、比嘉一曹です!!

ドラマも原作もまだ、と言う人は、原作→ドラマの方が楽しめると思いますよ!
これから原作を読むよ!という人は、稲葉や空井に、すごく感情移入して読めると思います。

航空自衛隊の広報室を取り扱った物語ですが、マスコミに勤める人は「公平性」や「第三者の視点」の勉強になるし、広報の仕事をしている人は、「広報とはなにか」を比嘉一曹や鷺坂室長が教えてくれます!

そしてなにより、自衛隊をよく知らない人が自衛隊や自衛官をしるきっかけとしては十分な力のある一冊だと思います。

空飛ぶ広報室

中古価格
¥950から
(2013/7/16 10:41時点)


空飛ぶ広報室 DVD-BOX

新品価格
¥17,715から
(2013/7/16 10:42時点)


空飛ぶ広報室 Blu-ray BOX

新品価格
¥22,377から
(2013/7/16 10:42時点)




『三匹のおっさん ふたたび』 有川浩
2013年07月03日 (水) | 編集 |
有川浩の『三匹のおっさん ふたたび』を読みました。
おそらく、”みたび”はないのかな、という印象で、おじさんたち3人と、その周囲の人たちが丁寧に語られています。
あとがきにもありましたが、親世代(祐希の親世代なので、祐希の両親と、シゲさんの息子)の話が意外とボリューミーで、おっさん達が活躍しない章もあるくらいです。
それにしても、祐希はいいやつだね!相変わらず。
早苗ちゃんとも仲良くやっているようで、何よりです。

『三匹のおっさん』を楽しめた人には間違いなく満足いただける内容でした。

そして巻末には、『植物図鑑』のクロスオーバー作品として、「好きだよと言えずに初恋は、」が収録されています。
『植物図鑑』を読んでない人は、おそらくあまり楽しめないと思うので、本編を読んでからにした方が絶対にいいです。
でも、本編を読んだら読んだで、ちょっとだけヤキモキしちゃうのは、既読の方には分かって頂けると思います。

三匹のおっさん ふたたび

中古価格
¥999から
(2013/7/3 11:36時点)



三匹のおっさん (文春文庫)

中古価格
¥216から
(2013/7/3 11:36時点)




『県庁おもてなし課』 有川浩
2013年06月21日 (金) | 編集 |
有川浩の『県庁おもてなし課』を読みました。映画化もして話題になっているあの”おもてなし課”です。
「なにも起こらない映画」というのは的を得ていて、確かに何も起こらない。
何かを起こそう、始めよう、と奮闘している人たちの物語です。

主人公は県庁の若手職員、掛水くん。
高知県を観光立県にしようという目標の下、あーでもないこーでもないと、「お役所」の人が知恵を絞ります。
そこでであった、高知県出身の作家、吉門さん。
高知県の観光大使となることをきっかけに、吉門と掛水の交流が始まります。

交流といえど、大半は「民間感覚」の欠如している「お役所仕事」に対する吉門からのダメだし。
掛水はダメだしの度に目から鱗、ショックを受けながらも吉門の言葉にいちいち反応し、それなりの動きをみせます。
欠如した「民間感覚」を養うために吉門から出された注文は、学歴がなくても良いから、気が利いた民間の女の子を雇い、プロジェクトに混ぜること。
そこでタイミング良く雇われたのが、多紀ちゃん。
この多紀ちゃんが、頼りない掛水をかっこいい男にするのに物語上、とっても重要な役どころとなります。
それは単なるヒロインとしての存在に留まらず、陰での努力、そして、生まれながらの聡い感覚。

この3人の役どころが、非常に良い!
他にも重要人物はいるんですが、何よりも吉門の窓口として頑張った掛水と、それをフォローした多紀ちゃんに拍手を送りたい。

別の視点でもう少し感想を書けるんですが、この辺で。
「別の視点」は本を読んでからモヤモヤする感じを味わってほしいです。

県庁おもてなし課

中古価格
¥365から
(2013/6/21 13:53時点)



県庁おもてなし課 【映画パンフレット】 監督 三宅喜重 キャスト 錦戸亮、堀北真希、高良健吾、関めぐみ、船越英一郎

新品価格
¥900から
(2013/6/21 13:54時点)




↓こんなのも出たんですね!『有川浩の高知案内』

有川浩の高知案内 (ダ・ヴィンチブックス)

新品価格
¥1,155から
(2013/6/21 13:54時点)




『旅猫リポート』 有川浩
2013年06月17日 (月) | 編集 |
有川浩の『旅猫リポート』を読みました。
猫好き必見の作品です。涙なしには絶対に読めません。

主人公はサトル(人間・男)かナナ(猫・男)か。
たぶんどちらも!!
サトルがやんごとない理由でナナを手放さなければならなくなり、新しい飼い主を求めて旅をする話。
旅先は、サトルの「僕の猫を飼ってくれませんか」というメールにに返事をしてくれた友人たち
その旅先での出来事が、主にナナの目線で語られる。
あれ、主人公はナナかなぁ?

猫好きな人は、ナナの視点、考え方、語りにうんうんと頷きながら、
猫を飼ったことがないひとは、新しい発見を拾いながら本を読み進めること間違いなし。

名前はナナです。尻尾の先が、数字の7に似ているから。

そんな風に飼い主に紹介されて喜ぶ猫が、世の中には何匹いるだろうか。

実家にいる猫(20歳のおじいちゃん)が、ずいぶんと愛おしく感じました。

旅猫リポート

中古価格
¥897から
(2013/6/17 11:22時点)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。