読書好きの”私”による本とゆずの紹介がメイン。あと、バイクや、図書館司書資格取得に向けた日々の奮闘記事も書きます! 気になったことや、素敵!と感じたことをどんどんオススメしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『幻想電氣館』 堀川アサコ
2013年03月31日 (日) | 編集 |
堀川アサコの『幻想電氣館』を読みました。『幻想郵便局』(記事はコチラ)に続く”幻想シリーズ”2作目です。

2作目と言っても、特別な繋がりがあるわけではなく。郵便局→電氣館で読めば少し背景が分かる程度なので、電氣館から読んでも問題ありません。
内容は・・・
高校生の主人公・スミレがある日、父親の不倫現場に遭遇し、その後を尾行するとこから始まります。
父を追って辿り着いたのは、商店街にある古い映画館(名画座)ゲルマ電氣館。
そこで働く映写技師の有働さんに、スミレは恋をしてしまいます。
他の理由も多々ありながら、でも有働さんと毎日一緒に入れることもあり、スミレはそこで働くことに。
その電氣館には、W型の髭を持つ支配人のおじさんと、その奥さんらしい真理子さんの3人しかいません。
もちろん、お客さんはほとんど来ず、開店休業状態になることもしばしば。

電氣館に娘を預け、託児所代わりにしている女性が父親の浮気相手だったり、
絶対に見ちゃいけないレイトショーをやってたり、
高校のクラスメイトの女子が死んだおばあさんに怯え、主人公に助けを求めたり。

ゲルマ電氣館はあの世とこの世を結ぶ場所だった!?
そして憧れの有働さんは実は・・・

『幻想郵便局』の神社VS郵便局のような面白い展開にはならないですが、
色んな事に強く言えない主人公のスミレが最後には少しだけ成長して物語は終わります。

正直、『幻想郵便局』が個人的に大ヒットだったので、そこまでのワクワク感はなかったです。
『幻想郵便局』のスピンオフ作品?のような感覚で読めば楽しめると思います。
たぶん、主人公の「です。ます。」口調がそのまま文章になっていたので、それが(私には)馴染まなかったんだと思います。

でもでも、他の作品も続けて読みたいな―と思ったのです。

全く関係ないけど、堀川さんは名前をカタカナにするのがお好きなのでしょうか?
ご本人も然り、郵便局のアズサも電氣館のスミレも、カタカナ。

幻想電氣館

中古価格
¥650から
(2013/3/31 16:10時点)



スポンサーサイト

『野生の風』 村山由佳
2013年03月30日 (土) | 編集 |
村山由佳の『野生の風』を読みました。
もう、切ない。とにかく切ない。思いっきり切なくなりたい人(?)は是非読んでください。
内容はというと・・・
ベルリンの壁崩壊の夜、主人公の飛鳥(あすか)が現地で1人の日本人男性に出会う。
彼は写真家でアフリカに拠点を置く写真家で一馬と言う。
運命的な出会いから月日が過ぎ、2人がまた運命的な再会をする時、悲しく切ない運命の歯車がまた動きだす・・・
詳しくはとてもとても・・・書けません。
でも、確かなことは飛鳥がとても強い女性だということ。
とても私には真似できない。すごい女性です。

野生の風 WILD WIND (集英社文庫)

中古価格
¥1から
(2013/3/30 10:00時点)




『図書館司書という仕事』 久保輝巳 ほか4冊
2013年03月30日 (土) | 編集 |
今月頭から図書館で働き始めたので、時間を見つけては図書館関係の本を読むようになりました。
1か月で読んだ本を5冊ご紹介します。

『図書館司書という仕事』 久保輝巳

第1章に図書館職員の実体験が語られていて、とても興味深かったです。
常に図書館の雑誌の欠号のメモを持ち歩いて、古書店に寄る度に該当する巻がないか探すなど・・・。
図書館司書の職業病?のような感じですかね。
第2章以降はタイトル通り「図書館業務とは」という感じのテキストのような内容なのでそんなに面白くないですが、第1章は(図書館司書を目指している人には)ぜひ読んでいただきたいですね。

図書館司書という仕事 (仕事シリーズ)

中古価格
¥183から
(2013/3/30 08:59時点)



『司書はときどき魔女になる』 大島真理

この本、図書館関連の本を図書館の書架で探したことがある人は、一度は目にしたことがあるのでは?と思います。
ハリー・ポッター好きの私としては、司書と魔女が同じ文章にあるだけでもワクワクします。
でも、司書が夜中に魔女に変身!というようなファンタジーではありません。
レファレンスの質問に的確に答える司書が、時には魔女のようにも思える、というような流れで、司書の仕事の様子や本の紹介をしています。

司書はときどき魔女になる

中古価格
¥342から
(2013/3/30 09:09時点)



『税金を使う図書館から税金を作る図書館へ』 松本功

図書館はお小遣いの節約のために本を貸し出す場所ではなく、もっとビジネスにつながる、そういった本を貸し出して起業の一助になる存在であるべきではないか?という切り口のもの。
図書館は本を貸し出すのに料金を取るわけではないので、人件費、本の購入費、設備維持費等すべては税金で賄われています。そのため、お金(税金)を使うばかりの図書館の予算が少なくなっているのが現状です。
・こんなに本があるのにまだ本を買うのか? とか
・カウンタにこんなに人かいるのか? とか
そういった理由で予算削減をする。
予算がないから本が買えない、正規職員を雇えない、非正規雇用が増加する、などまぁいろんな問題もあるわけですが
ビジネスのヒントを図書館で見つけて、それをもとに企業が大ヒット商品なんかを作って、市町村の税収がアップ!なんていう流れがもっとあればいいのにね、という論点です。

税金を使う図書館から税金を作る図書館へ

中古価格
¥117から
(2013/3/30 09:21時点)



『表現の自由と「図書館の自由」』 日本図書館協会

図書館司書の資格取得を目指して勉強中の人ならご存知の「図書館の自由に関する宣言」において、今まで図書館が直面してきた事例などを取り上げています。
個人情報が掲載された雑誌を図書館で所蔵するか、利用者に提供するのか
特定団体からの圧力にどう対応するか
有川浩の『図書館戦争』で主人公たちが直面した問題は、全然”想像上”のこととして見過ごせる話ではないのだなぁと感じました。

表現の自由と「図書館の自由」 (図書館と自由 (第16集))

中古価格
¥1,000から
(2013/3/30 09:34時点)



『図書館のプロが教える<調べるコツ>』 浅野高史

神奈川県の架空の図書館「あかね市立図書館」を舞台に日々寄せられるレファレンス質問に対して、どのように回答プロセスを踏んで対応したかを細かく書かれています。
しかも、図書館の職員が1人1人キャラクターになって登場するので、たびたび登場する漫画の効果もあってとても面白く読み進められます。
図書館司書の資格をとっても、すぐに一人前の司書になれるわけではないです。
その中で、新米の司書がとまどいながらも回答を見つけようとするにとても勇気づけられます。
自分も分からないながらもコツを押さえつつ、回答を探そう!頑張ろう!と思えます。
新米司書さんには心強い1冊になるのではないでしょうか。
また、舞台が神奈川県の図書館なので、神奈川県に関するレファレンス質問もあります。
神奈川県の司書さんには特にさんこうになるのでは?と思いますよ!

図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集

中古価格
¥840から
(2013/3/30 09:43時点)




『不自由な心』 白石一文
2013年03月30日 (土) | 編集 |
白石一文の『不自由な心』を読みました。
5作の短編集で、すべて なにかしら 不倫が絡んできます。
ほとんどは主人公の男性が不倫してるんですけど、主人公の妻が不倫してるパターンもあり。

著者あとがきで5作目が分かりやすくなるように、1~4作を並べて5作目につなげたという記述がありましたが、確かに5作目の「不自由な心」がいまいち分かりにくいお話でした。
確かに、1作目から順に読んだ方が良いな、とは思いましたが。。。

これを読むと、結婚ってどういうことなの?と疑問が。
いつまでも結婚当時のようにはいかないのね、と。
これから結婚する人には、おすすめできないです。

不自由な心 (角川文庫)

中古価格
¥1から
(2013/3/30 08:47時点)




僕らの音楽 3/29放送
2013年03月30日 (土) | 編集 |
昨晩の「僕らの音楽」過去9年間の名場面集だったのですが、ゆず出演の回が2回流れました。

1回目は「夏色」を2人で唄った時のもの。
字幕には「ゆずがフジテレビの音楽番組に初出演」とありました。
この放送、録画して見たなぁ。たぶんどこかに当時のVHSがあると思います(笑)
2人が向かい合って夏色を唄う。とても楽しそうに。
なんて楽しそうに唄うのだろう!と放送当時も思ったけれど、今見てもそう思う。

2回目はいきものがかりとの共演で「春風」を唄った時のもの。
多分、これは見たことなかったと思います。
ゆずといきものがかりはライブ”音野祭”で「ゆずものがたり」というソノママの名前でコラボレーションしていました。神奈川出身アーティストつながりで。

うーん、改めていいね!ゆず!
最近のツボは「REASON」のサビの厚ちゃんの上ハモりです。

久しぶりのゆずネタでした!

夏色

中古価格
¥152から
(2013/3/30 08:35時点)


春風

中古価格
¥1から
(2013/3/30 08:35時点)


「REASON」【ゆず Ver.】 通常盤

中古価格
¥87から
(2013/3/30 08:36時点)




映画『ジャックと天空の巨人』 3月22日空から巨人が降ってくる!
2013年03月15日 (金) | 編集 |
昨日、映画『ジャックと天空の巨人』の試写会に行ってきました。原作は、誰もが知っている『ジャックと豆の木』です。今の子どもたちもきっと知ってるよね??

公式HP(コチラ)の作品紹介にも書いてありますが、原作では巨人は地上に来られなかったのに、映画では下りて来てしまいます。
人間も巨人と戦うのに必死です。

ストーリーは、冒険ファンタジーものの期待通り、ディズニー映画の『アラジン』のジャックと豆の木Ver.と言えば、納得してくれる人は多いと思います。なので、あまり多くは語りません。

試写会場で私の隣に座っていたのが小学生高学年くらいの女の子で、びっくりしたり怖がったりとリアクションがなかなか良かったので、隣にいる私はそのリアクションに楽しませてもらいました。
ストーリー中でキスシーン(とは言ってもあくまで冒険ファンタジーなので)の時はハッと息をのんでましたよ!

声優陣に芸能人が多いのは、う~ん、と思いますが、ジャック役のウエンツは上手だったと思います。

この映画の一押しは、見方側陣営の隊長エルモント。かっこいいです。
巨人との戦いを指揮している姿は特に輝かしく、かっこいい。
残念ながら、ジャックよりもかっこいいです。

どちらかというと子ども向けのこの映画、大人の女性は是非、エルモント目当てに劇場へ!

ジャックと豆の木 (世界傑作絵本シリーズ)

新品価格
¥1,470から
(2013/3/15 18:46時点)


ポスタ- A4 パターンC ジャックと天空の巨人 光沢プリント

新品価格
¥945から
(2013/3/15 18:48時点)


アラジン 3部作 完全BOX [DVD]

中古価格
¥4,890から
(2013/3/15 18:49時点)




『プラナリア』 山本文緒
2013年03月08日 (金) | 編集 |
山本文緒の『プラナリア』を読みました。
直木賞受賞作品だそうで。文学の表彰は直木賞、芥川賞などありますが、良く分からないので調べてみました。

直木賞
→大衆文学の新人賞

芥川賞
→純文学の新人賞

大衆文学って?
→大衆の興味や理解力に重点を置いたもの

純文学って?
→純粋な芸術を目指したもの

うーん、よく分かりません。それぞれ複数冊読み比べれば分かるかも知れません。
さて、今回読んだ『プラナリア』は、短編集です。

「プラナリア」
乳がんで片胸を失った女性のお話。
乳がんになったことで卑屈になり、優しくしてくれる彼氏にも”いけない”と思いつつ「私、乳がんだから」と言い訳をしてしまう。
そんな自分を嫌悪するも、素直になりきれない。

私は、一番最後に収録されていた「あいあるあした」が印象的でした。
何にも関係ない人と人が「気が合う」とか「何かの縁」という理由で人間関係を築いていく。
色んな”しがらみ”よりも直感や本能でくっついたり離れたりする。
しかもそこには人と人との温もりがある。
「プラナリア」は主人公の卑屈さをいまいち受け入れられなかったけど、「あいあるあした」は主人公の不器用さが人間味にあふれてて、好感を持てました。

プラナリア (文春文庫)

中古価格
¥1から
(2013/3/8 19:17時点)



さて、図書館司書の資格取得者関係の人がこの記事まで見てくれているかどうか分かりませんが、少しだけ、個人的な報告です。
3/1から、大学図書館で働き始めました!
残念ながらたった3カ月の契約なのですが、頑張って取った資格を活かすことができて嬉しかったし、日々勉強の毎日です。
しかも部署がレファレンス係。主に、相互貸借や文献複写関係の処理を行っています。
今は春休みなので利用者が少ないのですが、4月になったら新入生が入ってきて忙しくなるとのこと。
5月末まで、一生懸命頑張ろうと思います!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。