読書好きの”私”による本とゆずの紹介がメイン。あと、バイクや、図書館司書資格取得に向けた日々の奮闘記事も書きます! 気になったことや、素敵!と感じたことをどんどんオススメしていきます。
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『おおかみこどもの雨と雪』 細田守
2014年01月18日 (土) | 編集 |
映画が原作の「おおかみこどもの雨と雪」の小説を読みました。
2013年12月の金曜ロードSHOWで放送されたものを録画し、
ずっと見ずに残していたので、小説を読んでから映画も見ました。

映画が原作の小説なので、内容は100%同じです。
違いは、映画は雪の語りで進められていますが、小説では雪の語りではないです。
第3者目線、というか、普通の小説と同じように作者目線です。

大学生の花は、教室で見かけた勉強熱心な男性に興味を持ち、声をかけます。
すると、彼は「ここの大学の学生ではない」と。
引越し業者で働きながら、こっそりと大学で勉強をしていたのです。
ある日、彼は花に自分の秘密を打ち明けます。
「自分は、日本おおかみの唯一の末裔だ」とその姿とともに花に告白しました。
花はその事実を受け入れ、じきに2人の間には子どもが生まれます。
名前は「雪」。
その1年後、弟の「雨」も生まれますが、
雨の誕生日の翌日に おおかみおとこ は おおかみ の姿で亡くなっているのを発見されます。
花は2人を立派に育てると誓い、将来、雪と雨がおおかみと人間のどちらでも選べるように、
田舎への引越しを決意します。

慣れない子育て(しかも おおかみこども!)に翻弄される花
なんで自分は保育園に行けないのかと騒ぎ立てる活発な雪
人見知りが激しく虚弱な雨
この3人が周りの人に支えられながらたくましく成長していく物語。
雪と雨は、人間とおおかみのどちらを選ぶのか。
花はその結論をどう受け止めるのか。

人間⇔おおかみの変化があるので、映画のほうが見ていて楽しいですが、
花の心情については小説のほうが少し詳しく書かれているので、
映画と小説の両方で2倍3倍楽しめる作品だなぁと思います。

おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)

中古価格
¥1から
(2014/1/18 12:10時点)



おおかみこどもの雨と雪(本編1枚 特典ディスクDVD1枚)

中古価格
¥2,700から
(2014/1/18 12:11時点)



スポンサーサイト

『もう一度デジャ・ヴ』 村山由佳
2014年01月18日 (土) | 編集 |
村山由佳の『もう一度デジャ・ヴ』を読みました。
こちらも2013年の末に読み終わっていたので、少し記憶が・・・ですが感想を書きます。

現代と戦国時代の2つの話が交互に展開されます。
最後には現代と戦国時代がリンクするんですが、
それまでのストーリーが割とベタで先が読める内容であるにも関わらず、すごく私好みです。
すっかり中身はファンタジーですので、ファンタジー好きには楽しめると思います。
村山作品っぽくないな、と思いながら読んでましたが
作者あとがきにちゃんと「かなり異色」と書いてありました。

現代の主人公が体験するデジャ・ヴ。
テレビに映し出された古い村の風景を「見たことがある」と感じる所から物語はスタートします。
単純に、”主人公の生まれ変わる前の記憶”だけではなく、
現代に起こる出来事が、戦国時代の出来事と次々に重なっていきます。
時代を超えて繰り返される、同じような出来事、きっかけ、行動。
現代も戦国時代の頃と同じようなってしまうのか、
それとも、少しずつ運命は変わってきているのか。

テンポ良く進みながらも、結末はほっこりとしています。

もう一度デジャ・ヴ (集英社文庫)

新品価格
¥380から
(2014/1/18 11:45時点)




『きみに読む物語』 ニコラス・スパークス
2014年01月18日 (土) | 編集 |
2014年がスタートし、1月も後半に突入しました。
12月に記事ゼロ件、とサボってしまったので、久しぶりの更新です。
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

さて、『きみに読む物語』は2013年に読了しているので少し記憶が薄れていますが、
あらすじと感想です。

とある福祉施設にて、入居者の女性アリーを気にかけ、毎日物語を読んで聞かせる男性ノアがいました。
ノアが語る物語は、若い男女の恋愛ストーリー。
夕暮れ時に話が終わると、アリーは失ったはずの記憶が蘇り、目の前の男性が自分の夫であり、
今聞いた話は自分たちの物語だということに気づきます。
医者は「アリーが昔のことを思い出すなんて奇跡だ」といい
ノアはいつか完全に記憶を取り戻すことを信じ、
毎日、物語を読んで聞かせているのです。
というのも、アリーの記憶の復活はほんの数分に過ぎず、
時間が経つとすぐに忘れ、ノアのことを見知らぬ男性だと言い、時にパニックに陥ります。
そのため、ノアは毎朝、「はじめまして」の挨拶から始め、物語を語ります。

ノアとアリーはいわゆる”身分違いの恋”です。
階級の違いや戦争により別れなくてはならなくなります。
そんな2人が、どのような恋愛を経て現在に至るか、
「ノアがアリーに語る物語」としてストーリーが展開されます。

私は5年くらい前に深夜枠の映画で放送されていた映画版を見て感動し、
「きみに読む物語」がすごく好きになりました。
今回初めて原作小説を読んだのですが、映画と変わらず素晴らしかったです。
言うなれば、映画は、ノアとアリーの出会った少年少女の頃が印象的ですが、
小説は、別れを経た大人のノアとアリーがより深く書かれています。

帯には「あなたは、ひとりの人をここまで愛することができますか?」と書かれています。
今、パートナーがいる人は、その人を愛おしく思えること間違いなしです。

きみに読む物語

新品価格
¥1,470から
(2014/1/18 11:20時点)


きみに読む物語 スペシャル・プライス [DVD]

新品価格
¥900から
(2014/1/18 11:21時点)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。