読書好きの”私”による本とゆずの紹介がメイン。あと、バイクや、図書館司書資格取得に向けた日々の奮闘記事も書きます! 気になったことや、素敵!と感じたことをどんどんオススメしていきます。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『空飛ぶ広報室』 有川浩
2013年07月16日 (火) | 編集 |
有川浩の『空飛ぶ広報室』を読みました。
2013年春ドラマで放送されていた「空飛ぶ広報室」の原作です。

原作未読のままドラマを見たので、てっきり主人公は新垣結こと稲葉リカかと思っていたのですが、原作の主人公は空井二尉(綾野剛)なんですね!
私のように原作を見ずにドラマを見た人で、原作を読もうかどうか迷ってるーという人に、ドラマと原作の違いを簡単にお伝えします。

原作では、片山一尉はもう結婚しています。
原作では、鷺坂室長の奥さんは死んだことにはなってません。そして、定年退職もないです。
原作では、稲葉と空井はドラマほどお近づきにはなりません。
つまり、ドラマの方が、原作よりもドラマチックに(笑)仕上がっています。
一番変わらないのは、比嘉一曹です!!

ドラマも原作もまだ、と言う人は、原作→ドラマの方が楽しめると思いますよ!
これから原作を読むよ!という人は、稲葉や空井に、すごく感情移入して読めると思います。

航空自衛隊の広報室を取り扱った物語ですが、マスコミに勤める人は「公平性」や「第三者の視点」の勉強になるし、広報の仕事をしている人は、「広報とはなにか」を比嘉一曹や鷺坂室長が教えてくれます!

そしてなにより、自衛隊をよく知らない人が自衛隊や自衛官をしるきっかけとしては十分な力のある一冊だと思います。

空飛ぶ広報室

中古価格
¥950から
(2013/7/16 10:41時点)


空飛ぶ広報室 DVD-BOX

新品価格
¥17,715から
(2013/7/16 10:42時点)


空飛ぶ広報室 Blu-ray BOX

新品価格
¥22,377から
(2013/7/16 10:42時点)


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちは
はじめまして、なおと申します。

図書館司書の検索で、こちらにたどりつきました。
通信か講習で悩んでいるのですが、光さんのレポートを拝見し、とても不安になってきました。こんなにしっかりしたものが書けるのだろうかと・・。
教科書をきっちり読めば大丈夫なのでしょうか?勉強はどのようにされたのですか?ぜひ教えていただきたいです。

私も有川浩好きです。読んだものの中では、図書館戦争シリーズが一番かな。
昨日『シアター』を読んだのですが、これも面白かったです。どの作品も男性がステキです。光さんの感想楽しみにしています。(ほかの本でも)
2013/07/17(水) 11:48:11 | URL | なお #-[ 編集]
コメントありがとうございます
なおさん

初めまして、コメントありがとうございます。
有川ファンですか!私も早く『シアター』読みたいと思ってます。(思ってはいるのですが・・・)

さて、通信か、講習か、についてです、
私は講習についての知識がないので少しだけ調べてみましたが、結論から言うと向き・不向きではないでしょうか?

通信(以下、近大の通信です)は最大で2年在籍することができるので、たとえレポートが不合格になったり試験が不合格でも、再チャレンジの猶予があります。
講習はその時に不合格だと、その科目についてはまた来年、ということになりますね。
不合格になった科目だけ通信で(またはその逆も)というのもありますが。
なので、じっくりコツコツ型は通信、短期集中型は講習向きです。
ですがここで注意しなければならないのは、通信の場合に「2年あるから今は大丈夫、来月からやろう、もう少ししてから・・・」というタイプの人は、まず修了できません。
計画を立てて着実にやらないと2年なんてあっという間です。
あとは、3カ月間を司書資格のために全力投球できるかどうか、とか、講習だとおそらく、友達をすぐに作れるかどうか、とかもモチベーションに影響しそうな気がします。

こんなにしっかりしたレポートが書けるのか・・・という心配に関しては、心配無用に思います!
教科書をきっちり読めば書けます。
教科書だけで良く分からなければ、参考文献を読めばちゃんと書けます。
何を問われているのかが分かって、教科書からその部分を探し出して、文章にすることができれば大丈夫です。
ただし、自分の意見を求められている場合は、自分の考えを文章にする必要がありますけれど。
私の印象では、大学の時に提出したレポートより簡単かと。(大学のレポートってテキスト読めば書ける、なんてことなかったですよね??)
とにかく、レポートはそんなに大変じゃないと思いますよ!

私の勉強方法は、試験題目を読む、テキストを読みながら試験解答を作る、レポートを書く、試験前に解答の復習をして試験に臨む、というものです。1科目につきレポートを仕上げるまで2週間でした。
最初は私もどうやってレポートを書いたらいいか分からなかったので、ネットで色々調べましたよ。
合格レポートを載せてる人のブログを見て「なるほど、こんな感じで書けばいいのね!」と勉強して自分なりのレポートを書きました。
それがすごく勉強のスタートに役立ったので、私もこうして勉強の成果を残して、これから勉強する人の参考になればいいなーと思っています。
2013/07/17(水) 16:06:02 | URL | 晴野 光 #-[ 編集]
rあれるようなねありがとうございます
とても参考になりました。勉強しながら試験準備もするのですね。レポートの後、試験勉強大変だななんて思っていました。今度の日曜日にオープンキャンパスがあって、司書の授業が受けられるので行ってきます。

実は『図書館戦争』を読んで、司書の勉強がしたいと思ったんです。ミーハーな動機なのでここでしか言えませんが(笑) 
2013/07/18(木) 15:28:37 | URL | なお #-[ 編集]
すみません
タイトルおかしなことに!!
先ほどのコメントのタイトルは ありがとうございます です。
2013/07/18(木) 15:30:52 | URL | なお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。