読書好きの”私”による本とゆずの紹介がメイン。あと、バイクや、図書館司書資格取得に向けた日々の奮闘記事も書きます! 気になったことや、素敵!と感じたことをどんどんオススメしていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『おおかみこどもの雨と雪』 細田守
2014年01月18日 (土) | 編集 |
映画が原作の「おおかみこどもの雨と雪」の小説を読みました。
2013年12月の金曜ロードSHOWで放送されたものを録画し、
ずっと見ずに残していたので、小説を読んでから映画も見ました。

映画が原作の小説なので、内容は100%同じです。
違いは、映画は雪の語りで進められていますが、小説では雪の語りではないです。
第3者目線、というか、普通の小説と同じように作者目線です。

大学生の花は、教室で見かけた勉強熱心な男性に興味を持ち、声をかけます。
すると、彼は「ここの大学の学生ではない」と。
引越し業者で働きながら、こっそりと大学で勉強をしていたのです。
ある日、彼は花に自分の秘密を打ち明けます。
「自分は、日本おおかみの唯一の末裔だ」とその姿とともに花に告白しました。
花はその事実を受け入れ、じきに2人の間には子どもが生まれます。
名前は「雪」。
その1年後、弟の「雨」も生まれますが、
雨の誕生日の翌日に おおかみおとこ は おおかみ の姿で亡くなっているのを発見されます。
花は2人を立派に育てると誓い、将来、雪と雨がおおかみと人間のどちらでも選べるように、
田舎への引越しを決意します。

慣れない子育て(しかも おおかみこども!)に翻弄される花
なんで自分は保育園に行けないのかと騒ぎ立てる活発な雪
人見知りが激しく虚弱な雨
この3人が周りの人に支えられながらたくましく成長していく物語。
雪と雨は、人間とおおかみのどちらを選ぶのか。
花はその結論をどう受け止めるのか。

人間⇔おおかみの変化があるので、映画のほうが見ていて楽しいですが、
花の心情については小説のほうが少し詳しく書かれているので、
映画と小説の両方で2倍3倍楽しめる作品だなぁと思います。

おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)

中古価格
¥1から
(2014/1/18 12:10時点)



おおかみこどもの雨と雪(本編1枚 特典ディスクDVD1枚)

中古価格
¥2,700から
(2014/1/18 12:11時点)


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/31(金) 22:56:22 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。