読書好きの”私”による本とゆずの紹介がメイン。あと、バイクや、図書館司書資格取得に向けた日々の奮闘記事も書きます! 気になったことや、素敵!と感じたことをどんどんオススメしていきます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『「松本」の「遺書」』 松本人志
2012年06月21日 (木) | 編集 |
ダウンタウンの松ちゃんこと松本人志が30歳から2年間、『週刊朝日』に掲載された本人のコラムがまとめられた本です。
今、松本さんは48歳なので18年も前の話ですが、松ちゃんの仕事への姿勢とか、考え方が真正面から綴られています。

正直、私は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」をあまり面白いと思わず、積極的に見る人ではないのですが、松ちゃん曰く、「俺の笑いが分からない人は頭が悪い人」のようです。
そんな感じで、結構ズバズバと、本音(とたまにウソ)が書かれています。

松ちゃんが尊敬し、憧れていた島田紳助の話
オウム真理教のニュースの大きさの話
阪神淡路大震災の話
・・・なんかは若干タイムリーな感じもします。

松ちゃんの結婚観(なぜ、自分は結婚しないか)
もし子供が出来て「芸能人になりたい」なんて言い出しても一切手は貸さない
自分は面食いだ、頭がイイ女しか好きにはならん
・・・などは、書いてる時には自分が結婚するなんて思ってもなかったでしょうから、読んでいて少し面白いです。

イジメとはなにか
寄付がそんなに偉いのか
女遊びしてなにが悪い
・・・とか、”確かに”と思わせられる部分もあります。

NHKの「プロフェッショナルの流儀」(2010年10月16日放送)でもクローズアップされていますし、仕事に対する姿勢は見習うべきところがあると思います。

なので、就職活動前の大学生とか・・・読めば参考になると思いますよ!
就職活動始まっちゃうと、もう周り見えなくなっちゃうので。

「松本」の「遺書」 (朝日文庫)

中古価格
¥1から
(2012/6/21 10:03時点)


松本人志 仕事の流儀(ヨシモトブックス)

中古価格
¥149から
(2012/6/21 10:04時点)


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ダウンタウンの松ちゃんこと松本人志が30歳から2年間、『週刊朝日』に掲載された本人のコラムがまとめられた本です。今、松本さんは48歳なので18年も前の話ですが、松ちゃんの仕事へ
2012/06/22(金) 03:56:37 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。